2017
11.06
125-1

いまいちわかりにくいコンテンツマーケティングの目的と役割を例えると・・・


コンテンツマーケティングの役割とは?

米国で数多くの大手クライアントを持つコンテンツマーケティングの第一人者、ジョー・ピュリッジ氏曰く「有益で説得力のあるコンテンツを制作・配信することによって、ターゲット・オーディエンスを引き寄せ、獲得し、エンゲージメントをつくり出すためのマーケティングおよびビジネス手法」

上記を読み、なんとなくわかる内容だとは思うのですが、いざ自社マーケティング戦略に盛り込むと、マーケティングの最終ゴールである(継続的な)売上・規模拡大にどう起因・影響するのか?スッとわかるものではないかと思います。

そんなコンテンツマーケティングって一体なに?どんな効果があるの?を日常の生活に例えてみたいと思います。「あぁ、そういうことか、それならやる価値あるな」と思ったらば是非とも実践していただきたい。

■好きな人を振り向かせたい!恋愛におけるコンテンツマーケティング

好きな人を振り向かせたい。その時は、色々がんばりますよね。自分をよく見せる。かっこつける。優しいところを見せる。デートに誘う。それとなく好意を伝える。これらの行動は全て「自分のブランディング」です。自分というプロダクトをアピールするための手法なのです。
では恋愛におけるコンテンツマーケティングとは?一言で言えば、「一緒にいると楽しい、一緒にいたいと思ってもらうこと」それを繰り返すことで好意を抱いてもらえる可能性を挙げるのです。彼女が好きなアーティストの最新情報を伝える、彼女の好きな漫画を読んで考察をぶつける、など。自分のアピールではなく、彼女の好きなもの・興味があるものを自然に提供するのです。自分の良さに気付いてもらう・好意をもってもらうための「努力」です。

■間接的に自分の価値を高める!就職活動におけるコンテンツマーケティング

就職活動における自分のブランディングはまさに、自己PRと志望動機。自己PR=自分の良さ、アピールポイントを伝える志望動機=なぜ就職を希望しているかのビジョンを伝える

就職活動におけるコンテンツマーケティングは、採用面接者からの「見る目」を変えるための間接的な材料提示のことを指します。例えば、海外青年実業団で国外派遣をしていた。という自分の実績の場合、自己の紹介は何もしていないのですが、「海外青年実業団」という価値が底上げをしてくれることにより、自分の価値を高めることにつながっています。すなわち、経験してきた実績がこの場合のコンテンツに該当します。

いずれも「自分の価値のアピール」ではなく、相手の考える価値基準を利用して、結果的に自分の価値を向上させるための戦略です。これをビジネス転用したものがコンテンツマーケティングです。どれだけ意味があるのか?おわかりになりましたでしょうか?
plllogo33