2017
06.02
51-1

すぐに読者の興味を惹くコンテンツの作り方


定量的に読者の行動パターンを分析するのが最初のステップ

コンテンツが溢れる現代で読者の興味を惹くのは簡単ではありません。人の注意力は8秒で低下してしまうという研究結果を考慮すると、すぐに注意を集められるコンテンツが求められています。Search Engine Watchでは短時間で読者に訴えかけられるコンテンツの作り方を紹介しました。

まず初めに行うべき作業は、読者の傾向を知ることです。どのようなコンテンツを、どのチャネルから閲覧しているのか。Webサイトを閲覧している時間や離脱率はどの程度か。どのようなキーワードで検索し、競合はどのようなコンテンツを掲載しているのか。これらの質問に回答できるよう、読者について調査を行います。

長さに関わらず、質の高いコンテンツが興味を惹く

構成が良く練られたコンテンツは、読者の滞在時間を延ばす傾向があります。段落分けを行い、長すぎる文を作らないようにしましょう。副見出しや箇条書きを活用し、文末にはコンテンツのまとめを記載して、内容を咀嚼しやすくします。また、画像の利用も読者の興味を惹くのに役立ちます。コンテンツの導入になったり、長い文章を読んだ後に目を休ませられたりする効果が期待できるからです。

読者の興味が短時間しか続かないからといって、コンテンツが短ければ良いというわけではありません。優れたコンテンツは、長きにわたり集客してくれるので、Webサイトの大切な資産になります。また、インフォグラフィック、スライド、動画、ポッドキャストといった異なるフォーマットを組み合わせると、より広い読者層へ訴えかけられます。

社会的な信用がコンテンツへの興味を高める

最近はSNSに流れるフィードからリンクを見つけ、コンテンツを閲覧する機会が増えています。友人や有名人がシェアしたという事実が社会的な信用を与え、コンテンツに対する興味を増してくれる効果があるのです。まだ訪れた経験のないWebサイトにおいては、SNSでの拡散が重要な意味を持ちます。
読者の興味を維持したければ、邪魔になる要素を排除するよう心がけましょう。ポップアップや目立つサイドバー、整合の取れていないフォーマットなどは全て、読者の注意力を散漫にさせてしまいます。

まとめ
読者が注意を傾ける時間が短いほど、ブランドや商品をアピールするのが難しくなります。分かりやすい見出しをつけ、コンテンツの構成を整えれば、読者の興味を惹ける可能性が高くなるでしょう。

参考資料

6 tips for creating content to capture short attention spans

plllogo33
著者:Takayuki Sato