2016
05.09
0509-2

できれば教えたくないクロージングの秘訣


クロージングという言葉に聞き慣れてない方もいらっしゃるかもしれません。クロージングとは、「顧客に商品を買ってもらうこと」を指します。セールスレターの要とも言える技術ですね。一般的にクロージングを鍛えるというのは非常に難易度の高いことだという認識があると思いますが、このスキルを簡単に上達させられる3つの秘訣が存在します。

●希少性をアピールする
まずは商品の希少性をアピールすることです。希少性をアピールする方法はさまざまなものがあります。例えば、初回限定品を用意する、期限付きの特典を設ける、販売期間を設ける、特別価格を期間限定で設定する、などです。期間を設ける際には、カウントダウンタイマーをページに配置するとより効果的です。

●返金保証をつける
購買の1番の妨げは「買ったことを後悔するかも」という心配です。この心配を取り除くものが、返金保証です。しかし、ただ返金保証をつけるだけでは大きな効果は期待できません。世の中には、「返金条件が厳しい返金保証」というものが存在しています。それらに苦しめられた経験のある顧客は返金条件を記載していない返金保証に対して安心感を抱きません。そのため、返金条件を必ず明記し、返金条件はできるだけ「無条件返金」としましょう。

●共感を得るような話をする
顧客の購買意欲を掻き立てるには、商品の魅力を的確に伝えることも必要ですが、前提として顧客の共感を得ておく必要があります。共感の対象は「問題意識」です。掃除機なら、「重たい掃除機を持って、階段を昇り降りしたくない」などです。このように問題意識の共有をして、顧客の共感を得ているからこそ、ハンディータイプの掃除機などを紹介したときに上手く魅力が伝わるのです。

●まとめ
セールスレターに必要な工夫はさまざまなものがありますが、これらのポイントは基本となるものです。どんなジャンルの商品であっても実践できる汎用性の高いポイントです。導入が簡単なものばかりですので、ぜひお試しください。