2017
07.31
71-2

インスタグラムでは、炎上する写真・しない写真の見極めが大切


インスタグラムは、何気ない日常を発信できるのが魅力ですよね。企業もプロモーションツールとして活用しています。しかし、投稿内容を慎重に吟味しないと、予期せぬ形で炎上してしまうことがあります。今回は、炎上する写真に共通して見られる特徴を紹介し、その後、炎上を最小限におさえる上で覚えておきたい機能を紹介したいと思います。

インスタグラムで炎上しやすい投稿の共通点って?
インスタグラムは他のSNSと比較すると、炎上しにくい傾向にありますが、それでも炎上の可能性はゼロとは言い切れません。一体どのような投稿が炎上するのでしょうか?以下に共通点をまとめてみました。

・マナーやルールに反した投稿
例えば、「食べ物を投げ合う写真」「道路で仰向けに寝る写真」など、たとえパロディものとして投稿したとしても、マナーやルール違反として、批判される可能性があります。インスタグラムではありませんが、最近の例だと芸能人が線路の立入禁止の場所で撮影したことで炎上を引き起こしたのがまさにこの実例です。

・他者を不用意に巻き込む投稿
例えば、「あの人気モデルも愛用されているといわれている〜」「〇〇というライバル会社は商品が劣悪です」など、他社を巻き込むような投稿は炎上を引き起こす可能性が高いでしょう。もし、他の人を巻き込みたいのであれば、了承の旨を、投稿に記載しましょう。SNSは手軽に投稿できる分、こういった配慮が疎かになってしまいがちです。

炎上を最小限に留める上で覚えておきたいインスタグラムの機能
インスタグラムには、炎上を最小限に留めるための機能がいくつか実装されていますが、その中で未然に炎上を防ぐ上で特に有用な機能があります。

・コメントの除外設定
インスタグラムには、自動で不適切なコメントをフィルタリングする機能がありますが、中にはフィルタで弾かれないスパムもあります。こういったスパムに対して一括に対応できるのがコメントの除外設定です。コメント設定の「カスタムキーワード」に任意のキーワードを設定することで、該当したキーワードを除外することができます。

・投稿ルールを万全に
ある程度、インスタグラムの設定や機能で炎上を防ぐことはできますが、結局、重要なのは投稿内容です。投稿ルールを万全にしてから、インスタグラムの運用・管理を行いましょう。
insta1.fw_