2018
08.30
0830

インスタフォロー数上位アカウントから見るインスタとフェイスブックの使い方の違い 【スターバックス】篇


インスタフォロー数上位企業のアカウントを軸に、インスタとフェイスブックの使い方の違いや戦略を考察してきます。今回は世界的にシェアの大きいスターバックスコーヒーを見てみたいと思います。

■スターバックスジャパンのFacebookページの使い方

約130万人のファンを抱えているスターバックスジャパンのFacebookページ。
投稿のペースはだいたい2日に1回くらいで、その内容はほとんどが商品訴求です。あまり変化球のネタ投稿やインナー的な情報は配信しておらず、新商品や既存商品を、素敵な写真と合わせて続々と展開している。という手法をとられています。

これは、スターバックス自体のブランドのイメージを損なわぬように運用しているという背景もあるかと思いますが、その写真類には十分なシズル感があり、とても魅力的な投稿内容になっています。ついつい新しい商品を手にとってしまう。。なんて行動を喚起するには十分な施策と思われます。

■スターバックスジャパンのインスタグラムページの使い方

フォロワー数はFacebookとほぼ同等の120万人。Facebookが写真を中心に展開していたので、インスタグラムも同じ内容なのか?と思いきや、なんと写真のラインナップが全然違います。商品の紹介や新商品の説明をメインに写真とセットで展開していたFacebookに対して、インスタグラムでは、写真だけで情景がわかるようなイメージフォトが多くなっており、中にはカラー配色をあえてメリハリつけてオシャレな写真に仕上げていたり、インスタ映えを意識した素材も多く存在します。(ストロベリー商品の訴求に、カップに生のイチゴを盛りつけたり)

わざわざ2つのSNSで違う写真素材を用意して展開しているあたり、かなりターゲット層と戦略を練っていることが伺えます。特徴的なのは、どちらかで使った素材をもう片方でも使う。といった動きがあまり見られないこと。ここからもブランドのイメージを狙い先によってしっかりとセグメントしていることが見受けられます。

なかなかできることではありませんが、SNS運用の一つの参考として、フォト展開の切り分けも考えてみるといいかもしれません。
insta1.fw_