2016
10.27
0927-3

オウンドメディアだけではない!コンテンツマーケティングとうまく付き合うための「PESO」メディアの立ち位置


コンテンツマーケティングを最大限に生かすためには、メディア別の特性と個性を認識する必要があります。
コンテンツを発信するだけでは最大限にコンテンツを活かしきれていません。
展開する先のメディアをしっかりと把握することで手段や表現を変え、より多角的なプロモーション展開を考えられます。
今日は、分類された「PESOメディア」の紹介と、その役割をご紹介します。

「PESO」とは
・ペイド・メディア(Paid Media)
・アーンド・メディア(Earned Media)
・シェアードメディア(Shared Media)
・オウンド・メディア(Owned Media)
の頭文字を取ったものです。原則、この4メディアでマーケティングは構成されています。

ペイド・メディア(Paid Media)とは広告、PPC(Pay Per Click)、エンドースメント(著名人契約)などお金を支払って情報を提供する手法です。このメディアの役割は多くの人へ情報を届けることですのでリーチと誘導導線を主軸に考えることが良いとされます。
次にアーンド・メディア(Earned Media)についてご紹介します。
アーンド・メディア(Earned Media)をシェアードメディア(Shared Media)と同義に捉える解釈も見られますが、「PR(メディアリレーションズを含め、会社の評判を「獲得する」活動全般)」と定義します。該当するメディアはブログやSNSなど、商品情報をダイレクトに届けることを目的とせず、消費者の共感を得ることが目的とされます。
では、シェアードメディア(Shared Media)は?
シェアードメディア(Shared Media)はFacebookやInstagramといった消費者がSNS上で投稿する口コミ、シェア 等を指します。
簡単に分類すると、アーンド・メディアで展開した内容を消費者が拡散された状態がシェアード・メディアに該当します。
最後に、オウンド・メディア(Owned Media)ですが、企業や団体が所有するWEBサイトやメールマガジンなどを指します。つまり自社運営のメディアですね。

平たく言えば、ペイドとオウンドは自社コントロールの元に行うメディアであるのに対して、アーンド・シェアードは消費者動向にゆだねる情報伝達となるため、アンコントローラブルになります。

今までは、この4メディアが明確に縦割りでわかれており、それぞれのメディア・広告担当者にてキャンペーンやリリースをおこなってきました。しかし、今やこの区別は曖昧になっており、4メディアを全てうまく組み合したプロモーションが、より効果的に情報を伝播できると言われています。

そのため、一度広告担当者とPR担当者はタッグを組み、現状会社で回しているコンテンツを4メディアに分類し、それらを上手く組み合わせることができないのか検討してみるべきでしょう。そうすることで、眠っていた社内コンテンツが重要なキーになるかもしれません。