2017
03.06
1125-1

コンテンツの新しさをGoogleはどう扱うか


作成したコンテンツに価値があると証明するには、どのようにすればよいでしょうか。Googleはコンテンツの新しさ・新鮮さを重視しています。Webページが最近発行されたものであるほど、検索ランキングの上位に表示されるものです。しかし、検索の目的が異なれば、新しさの定義も異なってきます。

Googleは最新情報が特に必要になる検索キーワードについて、コンテンツの新しさを重視しています。例えば、その時点でトレンドになっている流行り言葉の検索においては、検索ユーザーは最新情報を欲していると考えます。また、年に一度の催し物や4年に一度の大統領選挙のような定期的なイベントに関しては、直近のイベントに関する情報が評価され、前回のイベントの情報は高く評価されません。そして、車やコンピュータといった新製品については、頻繁に更新されるため、新しいコンテンツが検索結果画面に表示されやすくなります。

Googleは検索キーワードの流行を監視しているため、盛り上がっているトピックについてコンテンツを作成すれば、検索結果で上位表示されやすくなります。コンテンツの新しさは、発行日、更新頻度、主要コンテンツが更新されているかといった観点で評価されます。新しいページを頻繁に作成しているサイトは、そうでないサイトに比べて、サイト全体として新しさの高い評価を獲得できます。

Webページそのものだけではなく、リンクも新しさの評価対象です。Webページが被リンクを大きく増加させた場合、Googleはコンテンツの評価を高めます。特に、新しいページから被リンクを受けた場合、そのページも新しいコンテンツだと評価されるのです。また、検索結果画面でのクリック率やページの滞在時間も、コンテンツの新しさや内容の関連性における評価を高めます。

古いコンテンツの方が、時に良いコンテンツであるのも事実です。ニュース性の低い内容については、より深く専門性の高いコンテンツが高い評価を受け、検索結果画面で上位表示される傾向にあります。
plllogo33
参考資料(https://searchenginewatch.com/2016/09/26/guide-to-google-ranking-signals-part-4-content-freshness/)著者:Takayuki Sato