2016
10.19
1012-1

コンテンツの魅力を高める「コンテンツアウトライン」の作り方


コンテンツマーケティングを成功させるには、魅力的なコンテンツを作成することが必要です。とはいえ、「魅力的なコンテンツを作る」のは容易なことではありません。
そこで今回は、魅力的なコンテンツの生み出すための方法として「コンテンツアウトラインの作成術」をご紹介します。

●コンテンツアウトラインの要素
コンテンツアウトラインは、「タイトル・書き出し・本文・結論」という大きく4つの要素で構成されています。そして、各コンテンツの要素をコンテンツ作成前にまとめておくことで、一貫性をある読者にとってわかりやすい魅力的なコンテンツをつくることができるのです。

●良質なコンテンツアウトラインを作成するコツ
コンテンツアウトラインにも、良質なものとそうでないものが存在します。良質なコンテンツアウトラインを作るコツは、「各要素の整合性を確認すること」と「本文の要素を小見出しで細かく決めておくこと」です。
各要素の整合性というのは、「タイトル・書き出し・本文・結論」がそれぞれ一貫したメッセージで結ばれているかどうかということです。タイトルから「この記事を読むとこういう情報が得られそうだな」と印象づけたら、その印象とずれない形で結論を提示する必要があります。
次に本文のコンテンツアウトラインを作成する時は、細かく小見出しを作っていきましょう。見出し同士の整合性が取れていることを確認しながら、小見出しを設定していくことで、話の論理展開がずれにくくなります。

●コンテンツアウトラインに忠実なコンテンツを作成する際のポイント
最後にコンテンツアウトラインを使って、コンテンツを作成する時のポイントをご紹介します。コンテンツアウトラインを正しく作ることができれば、本文の小見出しがかなり細かく作成できているはずです。本文を作成する際には、小見出しの内容から逸れないように正確に情報を書きましょう。すでに小見出しのレベルで論理の整合性を取っているので、コンテンツ作成の段階では小見出しの内容に忠実に書いていけば、自然とコンテンツアウトラインに忠実で良質なコンテンツが作成できるはずです。
plllogo33