2015
10.20
1020wide-770x340

コンテンツマーケティングで共起語を意識しよう


コンテンツマーケティングでは「共起語」を使うことで集客効果を高められる可能性があります。今回は共起語とは何か、そして共起語を活用することでどのような効果を得られるのかについてをご説明します。

共起語とは、1つの単語が出現すると連鎖して出てきやすい単語のことです。
例えば「選挙」に関する文章の中では、「選挙」という単語と「出馬」という単語は、同時に出現する場合が比較的多いと考えられます。これは同じような意味を表す同意語や類義語とはまったく異なり、検索エンジンで一緒に検索されやすいキーワードであると言えます。

この共起語を取り入れることのメリットとしてコンテンツの質を向上させる効果を期待できます
共起語は一緒に検索されやすい単語であるため、単語同士の関連性が高くコンテンツのボリュームを増やすことにも繋がりますので、結果としてコンテンツの質を高めやすい効果があります。

また、共起語はSEOの一環として取り上げられることが多く、前述した「コンテンツの質を向上させる」ということと深く関連しています。内部SEOにおいて重要なことは、検索エンジンのクローラーに対して「このページはより詳しいコンテンツである」ということを伝える必要がありますが、共起語を活用することでその役割に貢献することができます。

さらに、共起語を活用することで「単語×◯◯」といった複合キーワードでの集客も見込めます。
これらはロングテールキーワードと呼ばれ、ビッグワードと比べてアクセス数は少なくても複合キーワード全体で見ると大きな集客効果をもたらします。

今回ご紹介した共起語は、コンテンツマーケティングの集客効果を高めるうえで有効な手法ですが、ユーザーをサイトに集客しても読んでもらえなければ意味がありませんので、ユーザーにとって役立つコンテンツを作成することが一番重要なのは言うまでもありません。

コンテンツの骨格がある程度形になった段階で、どのような共起語を盛り込めるかを検討すると良いでしょう。
plllogo33