2017
08.08
86-1

コンテンツマーケティングとディープラーニング


ここ数年で人工知能(AI)はめまぐるしい発展を遂げています。自動車産業、ゲーム業界、医療分野など、あらゆる部分でその力が発揮されています。人工知能の登場から、今ではディープラーニング(深層学習)という手法が注目されています。これは、今後コンテンツマーケティングにも活用される手法で、決して無視できない手法といえます。

ディープラーニング(深層学習)とは?

まずは、ディープラーニング(深層学習)について説明します。「機械学習」とよく混同されがちですが、実はそれぞれ違う意味を持つ言葉です。

機械学習は、「人間の思考回路を機械に代替させ、機械が勝手に学びを重ねていく技術」で、これが広く人工知能の一般的な定義とされています。一方、ディープラーニングは機械学習をさらに推し進めたもので、多角的で複雑な思考回路がプログラムされているため、不均一で人間にも予測できない考えやパターンを導き出すことができるとされています。

この点で、分析や行動予測という面で、非常に有用な技術になるといわれています。

今後コンテンツマーケティングにどのような影響を及ぼすか?

実は、すでにコンテンツマーケティングでは、このディープラーニングの技術が使われています。それが、「Googleのアルゴリズム」です。SEOの評価基準がコンテンツ重視になったのは記憶に新しいですが、まさにこの評価基準が実現できたのがディープラーニングによるものといわれています。今後、ディープラーニングの技術が推し進んでいくと、どのようにコンテンツマーケティングに影響を及ぼすのでしょか?

現在も重要視されている「ユーザーにとって良質である」という部分がさらに重要視されるでしょう。ディープラーニングが普及すれば、よりユーザーにとって有用なコンテンツが求められるでしょう。利益追求のためだけのコンテンツは淘汰されていき、ユーザーが幸せになり、楽しくなり、喜ぶ、そういったコンテンツだけ生き残っていくでしょう。

まとめ:人間の心の機微を理解するのはやはり人間

ディープラーニングは、人間をも超越するかもしれない画期的な技術ですが、人間の言葉や感情を理解することは、まだ技術的に到達していないといわれています。商品やサービスを購入するのも人。その人の心を理解できるのはやはり人間です。コンテンツマーケティングを活かして、お客さんにどんな感動や幸せを提供したいのか、またはお客さんが何を求めているのか、まだまだ我々で考える必要がありそうです。
plllogo33