2018
03.16
0316

コンテンツマーケティングと移動空間の相性はバツグン。 「電車で読もう」は勝ちパターン!


コンテンツマーケティングをする上でターゲットとのエンゲージメントを高めるために時間軸を意識することはとても重要なことです。移動空間、コンテンツマーケティングを投下するためにターゲットへの最も定まったタイミングで良質な接触タイミングを得られます。今回は、コンテンツマーケティングと移動空間、中でも電車における相性の良さについて3つのポイントを紹介します。

1、タイミング

電車移動の場合、大多数の人々が平日の月曜から金曜までの通学、週5日間の通勤で朝と夕方など往復で最小でも2回のタイミングでコンテンツと出会う機会があります。
コンテンツマーケティングにおける時間軸の意識は非常に重要な要素となります。投稿時間を朝夕方に定期的に設定することでターゲットとの接触頻度が高まることまちがいなしです。

2、時間設定

上記1に書いているように、通勤・通学時間に於ける移動が多いため、電車で移動する際に乗車時間が決まっていることが多くあります。そのためだいたい一つのコンテンツにかかる時間が均一で予めわかると非常にターゲットにとって有益なこととなります。例えば自分が記事を読んでいて、読み終わらずに途中で電車の乗り継ぎや目的地についてしまうことは嫌ですよね。文章の長さを意識し「3分で終わります」等予めかかる時間を提示することも一つのポイントです。

3、移動先の情報

電車に乗ることは、上記のように通勤・通学だけでなく、休日のお出かけなどの際にも使用しますよね。コンテンツのキーワードに移動先の情報が絡めてあれば、電車移動の際にヒットしやすくなり、さらに実際に体験して魅力を感じる機会が増えればファン獲得に直結しやくなります。

結論としては、電車移動時におけるコンテンツマーケティングはオンラインとオフラインながら、その調和性は高く、うまく連動していくと効果が増してきます。「電車で読もう」と思ってもらえるコンテンツ作りはまさに勝ちパターン。ぜひ、上記のポイントを意識してトライしてみてください。
plllogo33