2018
04.12
0412

コンテンツマーケティング実践講座 【お酒】編


コンテンツマーケティングの発想講座実践編。お題は「お酒」です。
20歳を超えてからの醍醐味。毎日の楽しみとして興味を持っている方も多いのではないかと思います。お酒の中でも、様々な企業が参入しているカテゴリーを取り上げ、できる限り意味のある記事にしたいと思います。お酒の中でも地域性の色濃い「日本酒」。日本の純米吟醸酒は世界の三大美酒とも名を連ねるほどの飲み物なのですが、ご存知でしょうか。

お酒をPRする時の最大の魅力は、やはり味です。ただ、その味の表現をこねくりまわすのは広告の仕事。コンテンツマーケティングとしては、日本酒の「背景」に着目してネタつくりを行いたいと思います。

■地域性にフォーカスを当てる。

お酒は大人の旅行の最高のお土産です。
旅行の際に美味しい料理と地酒を飲むことを目的にすることも少なくない昨今、特に日本酒の蔵元は流通ルートが限られているところもあり、現地でしか味わえない味覚に出会える可能性を持ち合わせています。「現地でしか手に入らない秘蔵の日本酒」など、お土産の一種としてコンテンツを用意してみてもいいかもしれません。また、日本酒といえば、その器がポイントだったりします。近年、お料理インスタ映えでお皿や器への関心が高まっていますが、おちょこなど焼き物についてなど広がりを見せていけるアイテムだったりします。大々的な「益子の器市」など地域総出の大イベントも行われてますます活気があるように感じる分野です。

■日本オリジナルの飲み物である

日本酒はその名前に国名が入る通り、日本のお酒です。しかも熱燗や冷やなど温度を変えて飲んだりおちょこの器で楽しんだり、海外の人たちからどのように見られているのでしょうか。
普段当たり前に飲んでいますが、日本特有の文化を海外の方からの見られ方も含めたコンテンツで日常を別の捉え方に感じさせてみるもの興味深いですよね。
例えばのコンテンツ案は、
「居酒屋で美食家フランス人に日本酒とあう食べ物がなにか聞いてみた」
など、海外の人からのイメージも含めてみると面白いかもしれませんね。
plllogo33