2018
05.23
0523

コンテンツマーケティング実践講座 【生命保険】編


コンテンツマーケティングの実践講座、今回のお題は「生命保険」です。

生命保険って何を連想しますか?
・生保レディ?
・しつこい営業マン?

ライフスタイルの細分化により、とりあえずみんな入る。という類の生命保険はなくなりました。そんな生命保険の商売では、「いかに長く入っていてもらえるか」が非常に重要です。つまり、コンテンツマーケティングを活用しての”ファン化”は、目に見えなくとも、理論的には非常に価値のあるプロモーションと考えられます。そんな生命保険におけるコンテンツマーケティングの組み立てを検討してみたいと思います。

まずはターゲット。

保険商品とは各ライフステージに沿って用意されているものなので、性年齢で区切りにくい商材です。
そのため、ここでは「非加入」「競合へ加入」「加入済」の3軸で考えます。どのステータスの人にコンテンツマーケティングが響きやすいと思いますか??
答えは後程。

続いて商品のベネフィットをおさらいです。

保険商品とは、「一定の金額をあらかじめ払っておけば、いざという時に多額の援助を出します」という、もしものための金融商品です。そのため、投資でもなく、購入によるメリット受領を受けるタイプでもありません。つまり、選択の軸は商品の「条件」のみです。

では、コンテンツとして何をやるべきか?

「条件」が検討基準になるとなると、まずは検討候補に入る必要があり、その役割は第一想起・助成想起を支援するマスコミュニケーションにあります。コンテンツに求められるものは、その「条件」によって生まれる生活やケア、そして企業姿勢などのアプローチになります。そうなると、前述のターゲットも「競合へ加入」しており、ある程度保険ライフをわかっている人向けがよいでしょう。

・月々の金額が安いのにここまでケア!
・保険を見直すことでこんなに生活が豊かに!

月並みな表現ですが、上記をどれだけ魅力的に、そして正確に打ち出せるかが、
生命保険におけるコンテンツマーケティングの秘訣といえるでしょう。
plllogo33