アトリビューション

成果に至るまでにどのような情報が関与し、貢献したかを求める分析する手法です。

検索によって商品を探す顧客は、欲しいものがはっきりしています。こうした顕在顧客を奪い合っても需要は飽和するため、それ以前の状態にある潜在顧客への注目が高まっています。そこで、購買決定に間接的に関与する複数の情報源に対し、その貢献度を定量的に分析し、貢献度に応じて予算配分することが考えられました。アトリビューションは、元は投資に対するリターンをもたらした要因の発生源を明確にし、先々の運用方針を決定しようとする金融業界の分析手法で、それをマーケティングに利用したものです。