イノベーター理論

新商品の市場浸透における普及額の基礎理論を言います。

新商品(サービス)購入の際の顧客の態度を、新しいもの(新様式)に接したときの対応の早さによって、Innovators(革新者)、Early Adopters(初期採用者)、Early Majority(前期追随者)、Late Majority(後期追随者)、Laggards(遅滞者)の5つに分類します。プロダクトライフスタイル(製品が市場に登場してから退場するまでの間)の状況に応じて、市場分析や需要分析に使われることが多いです。