インフォグラフィック

情報を視覚化し、わかりやすく伝える方法の一つです。

図表、イラストなどを用い、わかりやすく伝えることが必須で、その点が単なる視覚化とは区別されます。標識、地図、天気予報などのシンボルやダイアグラム、道路標識などに使われています。普遍的な先天的視覚言語を利用しており、例えば、強調には赤い色を使うことなどは、広く共有されています。このように洗練された抽象的な表現を用いての描写は、読み取り側にもある程度のグラフ読み取り能力が要求されます。