カスタマージャーニー

顧客と商品やブランドとの関わりの流れを『旅』に例えて表現した言葉です。

『カスタマージャーニーマップ』と呼ばれる図に表すことで、顧客が商品とどのような接点を持ってから、どのような段階を経て、購入に至るかを俯瞰で眺めることができ、それによって、従来のように、ブランドやチャンネルごとに、マーケティング予算を立てて、個別評価を行うよりも、ソーシャルメディアを中心に急速なスピードで増加する接点を的確につかむことができると考えられます。