カスタマー・エクイティ

一人の顧客が企業にもたらす収益から、企業コストを差し引いた利益の合計を表します。

企業にとってどのような顧客を資産価値が高いかを考え、それによって経営資本の投下指針を定めるために用いられます。市場の成長が鈍化した現在、新規の顧客を多く捕らえて利益を伸ばすより、既存の顧客と長く良好な関係を保つことの法が利益に繋がるという考え方に基づいて、意識されるようになりました。企業の売り上げのかなりの部分は、ロイヤリティーの高い顧客によって占められているという現実や、新規顧客獲得よりも、既存顧客を対象に販売促進を行う方が低コストで利益を上げられるという事実も確認されています。