クラスター分析

多数の項目から、共通するデータを抽出する統計的分析手法を言います。

異なる性質が混ざり合った集団から、共通する項目をもつものを抽出し、分類し、グループ化します。これは科学的な手法なので、マーケティングにおいても、ごく客観的な分析が可能になります。例えば、特定のブランド価値に対して、企業側の恣意的な分類、ポジショニングではなく、あくまで客観的な分類が行われるため、より消費者サイドにたった、現実的な分析が可能になります。新規顧客の開拓など、様座なケースで利用されています。