クロス集計

特定の2つないし3つの項目に注目して、同時に分析や集計を行う方法を言います。

例えば、夏に飲みたいと思うドリンクとして、ビール、100%ジュース、炭酸飲料、コーヒー、紅茶としてアンケートを取り、さらに、この集計に性別と年代を加味すると、20代30代は、女性が炭酸飲料を好み、男性はビールを好む一方で、60代になると、男女の別なく100%ジュースを好む、などの結果がわかってくる、というような集計のことです。このように、属性別の統計が取れるため、同じ属性の顧客が好む商品を把握でき、仕入れや新製品の販売予測などに利用できます。現在アンケートとして有効な手法とされています。