データベースマーケティング

顧客の属性、アンケート、購買履歴などのデータベース化された情報から、顧客の嗜好あったサービスを提供する手法です。

まず、データベースの構築が不可欠の要素としてあり、次にその分析が重要になります。主に、新規顧客の獲得よりも、既存顧客の維持と管理に用いられ、顧客の購入額を増やすことに貢献します。この意味で、その延長線上にはOne to Oneマーケティングがあります。具体的には、化粧品を購入した顧客のデータベースから、その化粧品を使い終わるタイミングを見計らい、同一商品の買い換えに際してお得情報を自動的にメルマガで送信することなどです。