トリプルスクリーン

テレビ、パソコン、モバイルの三つのスクリーンを指す言葉です。

スクリーンが小さいほど、生活者との距離が近いとされていますが、実際に統計とってみると、やはり1日で最も長く視聴しているのは、テレビという結果がでます。またパソコンも見ている時間そのものに変化はなく、通販を購入するのは、モバイルよりパソコンの方が頻度が高いという統計も出ています。モバイルは、ゲームやSNSでは強く、その結果は、テレビやパソコンがモバイルに取って代わられたわけではなく、それぞれが違う役割を持って棲み分けているということです。従って、マーケティングも、それぞれの特性を念頭にしなければ、十分な施策を立てることはできません。