ドリルダウン

データ集計レベルを一つずつ掘り下げて、細分化する操作や機能を言います。

集積されたデータを階層をレベルを下げる形で、より細かく検証することになるため、精密な分析が行われる一方で、的外れなドリルダウンが行われると、意味のない分析に労力を投じることになるため、まず、包括的に見て、どこにどのような問題があるかを俯瞰で見極めてから始める必要があります。従来の紙面上の解析では、このような掘り下げは手間と時間がかかりすぎますが、コンピューターの発達により、普及した手法の一つです。