パーミッション マーケティング

顧客からの許諾を得て行うマーケティングのことです。

One to Oneマーケティングをさらに進化させた形と言われています。古くは、ポイントサービスや、会員制サービスなど、パーミッションマーケティングという言葉のない時代から商習慣として行われていた手法ですが、Eビジネスの発達によって、新たな形が作られています。顧客に事前に許諾を得てからメール配信を行う『オプトインメール』は代表的な例です。あらかじめ許諾を得られる時点で、顧客側にも企業の販売促進を積極的に受け入れる姿勢があるため、レスポンス率がよく、販売促進が円滑に行えるという利点があり、さらに顧客との長期にわたる良好な関係を作るためにも役立っています。