ビッグデータ

今日では、単なるデータの大きさだけでなく、構造が複雑で、リアルタイムでの分析が難しいデータ群を示します。

従来は取り扱いが困難でしたが、記憶装置の大型化、低価格化、情報処理スピードの向上で利用ができるようになりました。しかし日本においては、データ処理技術を持つ人材の不足、データの統合不足、個人データを利用されることへの顧客の嫌悪感などが予想されるので、取り組みに戸惑う企業も少なくありません。しかし企業の持つ情報と、ソーシャルメディア上の消費者の声をつなぐことができれば、今までマーケターが経験と勘で行ってきたマーケティングプランも、定量的な事実に基づいて考えることが可能になります。