プロダクトアウト

企業側の技術や思想、販売計画に乗っ取って、製品やサービスを市場に出すことを言います。

この方法は、技術や研究の蓄積によって、画期的な商品が登場する可能性があります。従来の大量生産時代の代表的なやり方です。しかし昨今では、市場のニーズとの乖離が生まれ、結果として受け入れられず、利益が上がらないという現状が昨今続いています。一方市場のニーズにマッチした製品作り(マーケットイン)は、ある程度の需要は見込めますが、まだ市場に出ていない画期的な商品やサービス、それによる新しい需要は生み出しにくいという現実があります。結果として双方のバランスをとった運営戦略が望まれます。