ペイドメディア

企業が費用を負担して広告枠を確保するメディアのことです。

新聞、ラジオ、テレビ、雑誌というマスメディア、Web広告、イベントなど、スポンサーシップはこれに含まれます。利点は不特定多数に企業からの情報を発信できることで、広く企業イメージや商品情報を伝えるには良いメディアです。しかしコストが膨大にかかること、消費者の多様化によって、本当にその情報を必要としている相手に、スポット的に情報を流すことが難しいこともあり、費用対効果の意味で不利であるため、かつてのように主要メディアとしては扱われなくなってきています。現在はオウンドメディア(自社が運営する情報発信サイト)、アーンドメディア(SNSなど、消費者主体の情報発信メディア)とのバランスの良い組み合わせによって効果を上げることが考えられています。