マトリクス

『マトリクス図』を意味します。『マトリクス図』とは、問題としている事象から要素を抽出し、縦軸と横軸に配置、二元的な配置での交点に、各要素の関連の有無や、関連の度合いを表示することで表現するもの。

例えば、学校の時間割(縦軸に時限、横軸に曜日)も基本的なマトリクス図です。テーマを細かく掘り下げる際に、内容の相関関係、ポジショニングを捕らえることに役立ちます。PPMは代表的な例で、『市場成長率×市場占有率』で対象事業への力の配分(どの程度投入するか、もしくは撤退するか)を検討することに利用しました。また、タスクの優先付けを行うための『重要度×緊急度』、部下のポートフォリオの把握と指導のために『やる気×スキル』などの利用も考えられます。