マーケットセグメンテーション

市場の細分化を言います。『ターゲットマーケティング』とも呼ばれます。

顧客の属性を測り、例えば趣味趣向や、年齢、性別、職業、など様々な要因をして分類、セグメント(グループ)を作ります。その上で、自社が最も力を発揮できる可能性のある条件を持ったセグメントを選び出し、そこに属する顧客のニーズだけを狙って商品提供を行い、その広告を打ちます。消費者の需要の多様化によって全ての消費者に向けた商品提供(マス・マーケティング)は不可能であり、不効率と考えられるようになり、特定のセグメントに対するマーケティングの必要が求められています。