AIDMA(アイドマ)

消費者の消費行動について、その段階を表した言葉です。

Attention(注意)→Interest(関心)→Desire(欲求)→Memory(記憶)→Action(行動)の頭文字をとったもので、1920年代にアメリカで販売、広告の実務書を書いたサミュエル・ローランド・ホールが提唱しました。同様のもので『AIDA(アイダ)』『AIDCA(アイドカ)』『AIDAS(アイダス)』などがあります。

消費者が、商品の存在を知ってから、実際に購買に至るまでのプロセスモデルであり、広告などのマーケティング手法の選択に利用されます。AIDMAは、低関与購買、購買頻度が高い、購買の意志決定が早い、好き嫌いに左右される、マスメディアの影響が大きい、と言う条件に合う場合に有効と言われ、現在のようにメディアが多様化している場合には、対応しきれないとされています。