B2C (企業-消費者間取引)

Business to Customer のことで、企業(法人)と一般消費者の取引を指します。

現在はオンラインショップなどITでの小売りに全く関係していない企業でもB2Cという言い方をしますが、当初日本では、電子商取引だけを指していました。
最近の特徴として、小売りだけではなく、自社開発のソフトなどの販売、デジタルコンテンツの販売も加わり、ますます多様化の傾向があります。
B2Cではいかに多くのユーザーが当該のサイトを訪問するかに売り上げが左右されるため、ネット広告、SEO対策、メルマガ配信など、様々な手法で施策を行っています。