O2O(Online to Offline)

オンラインからオフラインへと生活者の行動を促す施策や、オンラインの情報がオフラインの購買行動に影響を与えるような施策を指します。Online to Offlineの略です。

当初はEコマースで使われた概念でしたが、現在ではさらに幅広い分野で使われ、オンラインとオフラインが融合して影響し合う状況を表します。O2Oの特徴の一つは、マーケティング施策として、効果が測定しやすいことです。例えば、実店舗に来店した顧客が持ってきたクーポンの数を数えるなどもその一つで、ITノウハウが少ない店舗でも利用でき、把握しやすくなっています。