One to Oneマーケティング

個別の顧客のニーズや嗜好、購買履歴に即して、個別に展開されるマーケティング手法を言います。

店頭での対話や顧客苦情対応などで、古くから使われている手法です。顧客にあたかも企業と自分が一対一の関係であると思わせるもので、新規顧客の開拓より、既存の顧客の忠誠心を高める方が購買の増加に繋がるという考え方からきています。ITの発達により、顧客データベース、情報の自動生成技術などを使うことで、人手を介さずに個別の顧客対応が可能になるので、電子商取引にも、欠かせない要素になっています。また個別対応によって、余計な情報発信を押さえられ、低コストで顧客の反応を得ることができるとされています。