2018
08.20
0820

コンテンツマーケティング責任者の新しい役割とは


コンテンツマーケティング責任者の役割は戦略立案・実践・計測に及ぶ

コンテンツマーケティングの責任者は、コンテンツを通じて販売促進やブランド構築を実現する難易度の高い役割です。単なるコピーライターを超え、コンテンツマーケティング責任者は、コンテンツ戦略の立案・実践・計測を行う必要があります。Webマーケティング専門メディアDreamGrowでは、現代のコンテンツマーケティング責任者の役割について解説しました。

コンテンツ計画を立案する際には、競合分析、顧客の特定、マーケティング計画の立案、執筆カレンダーの作成、利用するツールの見積もり・実装、トレンドの追跡、成果の分析といった作業が含まれます。これらの作業を主導するのがコンテンツマーケティング責任者の基本的な役割です。

コンテンツに一貫性を持たせるため、ライターやSEO専門家のとりまとめを行う

コンテンツ計画を立案した後は、コンテンツマーケティング責任者が計画の実行に責任を持ちます。自身でコンテンツを作成するか、他の執筆者に作成を依頼します。インフォグラフィック等を作る場合は、デザイナーとも協力するでしょう。全ての制作者がコンテンツ計画に沿って作業できるよう、作業者に適切なフィードバックを行います。

基本的なSEO(検索エンジン最適化)はコンテンツマーケティングに欠かせません。SEOの専門家を雇う場合でも、どのような施策を実施するべきかを判断できるよう、コンテンツマーケティング責任者はSEOを理解しておく必要があります。そして、SEOに効果が上がるよう、コンテンツの構造を考えたり、編集・校正を行ったりします。

コンテンツの成果を特定し、ソーシャルメディアとの連携を図る

コンテンツマーケティング責任者は、執筆カレンダーに従ってコンテンツが発行できるよう、継続的に制作作業を追跡します。また、指標を定義し、各投稿の成果を確認し、さらなる改善へつなげるのもコンテンツマーケティング責任者の役割です。さらに、ソーシャルメディアを推進している企業では、コンテンツマーケティングと連携して、一貫性のあるキャンペーンを目指します。

まとめ

コンテンツマーケティング責任者の役割は、戦略立案・実践・計測と多岐にわたります。ソーシャルメディア責任者と重複する部分もあるので、別々の責任者を任命する場合、それぞれ連携するよう考慮します。
plllogo33
参考資料
https://www.dreamgrow.com/content-marketing-manager-responsibilities/
著者:Takayuki Sato