2017
09.04
104-2

スポンサーを募りInstagramでコンテストを開催するには


ユーザーからの投稿にスポンサーが景品を提供するInstagramコンテスト

Instagramでコンテストを開催する場合、スポンサーの位置づけは様々なものが考えられます。コンテストの賞金を全額負担するケースや、景品の一部のみを負担するケースなどです。スポンサーもコンテストが多くの人に認知されるよう努めるので、主催者にとっても新たなフォロワーを獲得する機会になります。また、業界の大手企業とスポンサーとして関わりを持つのはどの企業にとってもメリットがあるでしょう。Social Media Examinerでは、コンテストを開催する手順さえ覚えておけばスポンサーを見つけるのは難しくないと伝えています。

コンテストの計画、及びスポンサー選びで検討するべき事項

コンテストを計画する際には、いくつかの検討事項があります。参加者はどのようにコンテストへ応募するのか。どのような景品を提供するのか。コンテストによって自社を何を達成したいのか。どのユーザー層を対象としているのか。これらの検討結果に従い、スポンサーが求める要素や、スポンサーから見たメリットが変わってきます。
次に、関連する企業やインフルエンサーの中から、スポンサーの候補を挙げます。競合ではなく、補完関係にある企業であること、ターゲット層に属していること、景品を負担できること、スポンサー関係を結ぶメリットがあること等が評価基準となるでしょう。

Instagramの利用規約に従ってコンテスト開催

スポンサー候補が見つかれば、その候補に連絡を取るのが次のステップです。ソーシャルメディア上でメッセージを送ったり、直接メールを送ったりします。コンテストの概要、スポンサーにとっての価値、自社の役割などを明確に伝えるようにしましょう。一度に一社ずつ連絡していけば、スポンサー同士が競合してしまうリスクを避けられます。
スポンサー契約を結んだ後は、Instagramが定める規約に従ってコンテストを開催します。例えば、ユーザーが投稿する際に友人をタグ付けするのを依頼するのは規約に反してしまいます。一方で、スポンサーとの関係を強めるため、コンテストに関連する投稿にはスポンサーをタグ付けすると良いでしょう。

まとめ

コンテストの開催はリードを獲得し、エンゲージメントを高めるのに役立ちます。さらに、スポンサーの存在により認知度を飛躍的に高められます。業界大手の企業やインフルエンサーと、スポンサーシップを通して知り合えるのも価値があります。
insta1.fw_
参考資料

How to Run a Sponsored Instagram Contest


著者:Takayuki Sato