2016
10.20
1005-3

リードマネジメント実践講座


Webマーケティングにはいくつかの工程が存在します。顧客の獲得から教育、そして成約です。それぞれの工程をしっかりと効率化するためには、それぞれの工程を1つの流れとして包括的に押さえることが肝心です。そんな時に役立つスキルがリードマネジメントなのです。

●リードマネジメントとは
リードマネジメントとは、顧客の獲得・教育・成約を一気通貫でマネジメントすることを指します。顧客の教育方法や成約の仕方は顧客の属性によって変わってくるものです。しかし、それぞれの工程をバラバラに担当し、バラバラに効率化してしまうと、効果の上がりにくいマネジメントになってしまいます。それを避けるためにもリードマネジメントの導入は効果的と言えるのです。

●マーケティング成熟度と課題整理
どのようなリードマネジメントすればよいのか、ということは自社のマーケティング成熟度のチェックをすることで明確になります。自社のリストはどれくらい集まっていますか?自社のリストからどの程度成約が出たことがありますか?成約率は何%でしょうか?これらの質問を自社に投げかけて、課題の整理をします。課題に優先順位をつけて、最も優先度の高い課題からリードマネジメントのメインの目標として改善を始めていきます。

●リードを評価する
課題が「リストを増やす」ということであれば、集客がリードのメインの目標となるのです。それで数ヶ月ほど運用をしてみたら、自身のリードを評価してみましょう。集客に必要な対策が取れているか、特にリードの他の工程が集客にプラスの影響を及ぼしているかどうかを考えてみましょう。教育を通じて、口コミやお友達紹介キャンペーンの導入などを進めて集客に好影響を及ぼせているか、などです。リードは一気通貫でマネジメントして始めて大きな効果が期待できるのです。

●まとめ
リードマネジメントは難易度の高いスキルです。Webマーケティングの1つの流れを一気通貫で押さえるわけですから、無理もありません。しかし、そのことの効果は確かに大きいです。ぜひ取り入れていってください。
plllogo33