2017
03.09
10-1

今後、SEO対策では「文量」より「熱意」が大切になってくる


現状、「多文」、「多キーワード」が検索上位を維持するSEOテクニックとされています。
しかし、Googleの理念の一つである「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」から見受けられるユーザー至上主義の論理からいけば、今後はさらに、ユーザーの満足度やコンテンツとしての独自性に重きを置かれたアルゴリズムに変容していくでしょう。

ただ長いだけのコンテンツを量産するのはもう時代遅れ

現状、文量が多いだけで中身のないコンテンツが上位表示されてしまっているケースが多々見受けられます。しかし、そういったサイトが長く上位表示を維持できるかといえば、それは難しいでしょう。

ユーザーへ価値を届けるというのは、つまり「ユーザーのニーズを満たす」ことであり、タイトルで釣り、誘導することではありません。

たとえ、アクセスを大量に獲得していても、そのサイトでニーズを満たせないユーザーが多くいる(指標で言えば、滞在時間が短い、離脱率や直帰率が高い)のであれば、それはサイトとして有用ではないということになります。

「読みたくなる面白いコンテンツを作る」が今後のSEOにおける最適解

至極単純で見落としがちな部分ではありますが、非常に重要なポイントです。そもそも、面白くない、見せかけだけの中身のない文章(コンテンツ)になど、誰も興味を持たないでしょう。むしろ、検索上位にあることで、「あのサイトは中身がない」「ろくなことが書いていない」などと批判を浴びる対象となってしまいます。

コンテンツの質が低いまま、上位表示させてしまっては、かえってWebメディア、ひいては企業のブランドイメージを下げてしまうのです。

まとめ
結局は、ラクをせずに必死に頭を唸らせて、コンテンツを生み出していくのがもっとも効率的なSEO対策なのです。あなたのWebメディアの運用はラクをしていませんか?この機会に、今一度考えてみましょう。
plllogo33