2016
09.30
0928-3

優良客へのアプローチ方法


優良客は基本的に自社商品・サービスを好きになってくれた顧客のことを指します。しかし、何もアプローチをしないと、いつか離れていってしまいます。そこで、優良客を優良客のまま維持し、さらに成約率を上げて口コミを広めてもらうための方法をご紹介します。

●特別商品の準備
優良客へのアプローチの基本は「特別扱いする」ということです。優良客じゃないと受けられないサービスを継続的に提供することで、顧客は自社のファンになってくれます。その特別扱いの典型例が「特別商品の準備」です。商品の限定モデルや、特別割引価格での提供、特別セットでの提供など、一般消費者に提供していない形での商品提供ならば、全て特別商品となります。

●限定イベントの開催
続いて、限定イベントの開催です。商品の新モデルのモニター体験会などが事例として挙げられます。これらは一般消費者からすると魅力に欠けるものである可能性があります。しかし、今回は優良客が対象という前提があります。つまり、商品やサービスが好きな人が相手という前提があるのです。ですから、これくらいターゲティングを狭めた企画が適切なのです。限定イベントは優良客に喜んでもらうという目的が第一ですが、同時に商品への理解や興味をさらに深めてもらう目的もあります。限定イベントはあまりにも商品と関係ないものにするのは避けましょう。

●専用コミュニティ
優良客だけを集めたコミュニティを作りましょう。今ではFacebookページを作るなどコミュニティが作りやすくなっています。また、必ずしも1つの仮想的な空間に人を集めることだけがコミュニティではありません。Twitterのハッシュタグを指定して、つぶやいてもらうように企画することもコミュニティの1つのあり方です。要するに、1人の優良客が他の大勢の優良客を認識することに意味があるのです。そうすることで、商品理解が進むだけでなく、より商品を好きになってもらえます。

●まとめ
優良客へのアプローチ方法はさまざまなものがありますが、どれもいかに「自分が特別扱いをされているか」と感じてもらうかが全てです。このことを突き詰めて考えてみてください。