2017
01.11
1102-1

動画コンテンツは、果たして本当にSEO対策に効果があるのか?


様々なSEO対策の方法が編み出される中、ここ数年では「動画SEO」が注目されています。文字媒体でなく、動きのある動画コンテンツを使うことで、今後発展するであろうVRとの親和性の高さもあいまって、現在注目されています。しかし、この動画SEO、効果のほどはどうなのでしょうか。

動画SEOを行うと、1ページ目への掲載の確率が53倍も上がる?

信じられない結果ですが、アメリカの調査会社「Forrester Reseach」によれば、「動画が含まれたページは、含まれていないページに比べて約53倍の確率で検索1ページに掲載される」という調査結果を発表しています。つまり、動画SEOをやっても、全く意味のないものではないということになります。

上位表示されやすい条件とは?
こう聞くと、すぐに動画コンテンツを制作したくなってしまいますが、全ての動画コンテンツが上位に表示されるわけではありません。上位表示されやすい動画コンテンツは、例えば以下のようなものになります。

・YouTubeに掲載されている動画
YouTubeは Googl傘下企業いうこともあり、動画SEO上ではかなり有利といわれれています。ただし、あくまで可能性が高いというだけで、他の動画サービスに掲載したものが表示されないということではありません。

・キーワードがニッチ

従来のSEO対策と同じく、検索キーワードがよりニッチであるほど、上位に表示されやすくなります。ちなみに、動画の内容はクローラーに読み込まれず、タイトル、説明文、タグといったテキスト情報にとどまります。

有益で価値のあるコンテンツであること
有益で価値のあるコンテンツというのは、以上にあげたタイトル、説明文、タグで判断されます。一部、離脱率、滞在時間、動画再生時間なども加味されるとは思われますが、おそらくSEO上の観点からすれば、上の3つになります。いかに、検索ユーザーの意図に応えたキーワード、説明文を設定できているかがカギになるでしょう。

まとめ
動画SEOは従来のテキストベースのSEO対策と比べると、発展途上であり、動画SEOを行なっている企業もまだまだ少なく、チャンスがある分野です。ぜひ、この機会に検討してみてはいかがでしょう。