2016
09.23
0923-3

国内のWEBサービスをまとめた「WebFolio」 最新の「ビジネスで使えるサイト」5選


WebFolio」というサイトをご存知でしょうか?気軽に利用できる食べ物系から、ビジネス系まで、あらゆく国内のウェブサービスをまとめたポータルサイトで、ビジネスマンにはとても便利なサイトなのです。
今回は「WebFolio」に掲載されているものの中から、オススメの最新5サイトをご紹介します。

1、領収書を撮るだけで経費精算できる「STREAMD
プロジェクトに使用する備品を購入した際や、取引先との接待した時など、あらゆるシーンで立て替えをすることがありますが、そんなときに面倒なのが経費精算。気が遠くなるような数の領収書を広げては、PC上でデータを入力する……なんて、億劫な作業は、「STREAMD」が解決してくれます。スマホのカメラアプリを利用して写真を撮ると、サービスのオペレーターが入力してくれ、CSV変換もしてくれるので、とても便利です。

2、仕事を辞めずに成長企業の経営に参画できる「サンカク
「ココナラ」や「TERIYAKI」、「Retty」などスタートアップを中心とした企業の経営陣とディスカッションを交わすことで、実際に経営に参画できるサービス。実質、企業のコンサルタントのような役割を果たしますが、報酬はなし。しかし、自分の実力がどこまで通用するのか知るのにぴったりの機会となるので、転職や起業を検討している人にとっては絶好のチャンスを掴めます。

3、アイディアのクラウドソーシング「Blabo!
日本国内のユーザーから、アイディアを集めることができる「Blabo!」。企業が出したお題に対し、老若男女関係なく誰でもアイディアを提案できます。例えば、カレールウなどでおなじみのハウス食品は「共働きでありがちな食卓でのモヤモヤとは?」に対する回答を募集しています。これらのテーマに回答し、採用されるとプレゼントがもらえるのも嬉しいポイント。ちなみに、ハウス食品のこちらのテーマに関するプレゼントは「北海道シチューと食材セット」です。

4、50万人が使う名刺管理アプリ「Eight
スマホで撮影した名刺を、オペレーターがデータ化し管理できる「Eight」このところCMも放映され、ご存知の方も多いのではないでしょうか? 日頃から名刺交換の機会が多いビジネスマンにとっては、もはや冊子で管理することは厳しいでしょう。膨大なスペースをとる名刺保管のストレスから解放される上、グループ化や時系列表示もできる、なんともうれしいアプリです。

5、国内最大級の入札情報サイト「NJSS(エヌジェス)
道路工事やインフラ拡充など、国内の官公庁自治体の発注する案件の民間企業の入札情報を確認することができる「NJSS」。個人で情報を収集するにはかなりの時間を要しますが、このサイトなら一括で検索することができます。登録し月額利用料を支払えば応札することも可能です。

これらのように、ビジネスにかかわる者が知っていて決して損しない情報が集約し、わかりやすくまとめられている「WebFolio」。有名サイトから、知る人ぞ知るサイトまで掲載されているので、移動時間など、ちょっとした時間にチェックしてみる価値、大アリです!
plllogo33