2017
09.15
98-1

失敗しないオウンドメディアリニューアルの心構え3選


WEBサイトのリニューアルは、いざやろうとすると難しいもの。特に、既存顧客と新規顧客の双方へ向けた気持ちが混在することでなかなかまとまりにくくなります。
今回はそんなサイトのリニューアルを成功させるためのポイントをご紹介します。

1、目的は明確に。

WEBはデバイス、技術がともに常に進化しています。”デザインが今風じゃないから”とか、”レスポンシブにしたいから”という理由でリニューアルを行なうのはよろしくなく、「なぜそうするのか?」に明確な目的を持つ必要があります。例えば、「顧客の高年齢化が進んでいるので、若返りが社として必要」「新規顧客の獲得が進んでいないので、それを推進するため」など、企業のマーケティング活動の一環であることを認識すべきです。

2、リニューアルのポイントを絞る

リニューアルにおいて、アウトプットは3つに分けられ、目的も異なります。
 ・デザインの刷新
  イメージのリブランディングを図ることが狙い。
 ・レイアウトの刷新
  CV効率を上げるためのユーザー導線の改善を図ることが狙い。
 ・コンテンツの刷新
  顧客へのインプット情報を切替、新たな市場開拓を図ることが狙い。

それぞれの役割と自社の課題を照らし合わせ、何を行なうべきか検討が必要です。

3、誰向けのものなのか?を常に意識する

既存の顧客を逃さずに、新規顧客を得る。そのためには、どのコンテンツを誰のために設計し、それがはっきり分かるように組み立てる必要があります。制作会社などにアウトラインを提案もらったら、まずはこの「誰向けか」を全てにコンテンツに当てはめてみて下さい。わからないようであればやり直しが望ましいです。

サイトのリニューアル時に、既存も新規も取り込みやすい無難な方法は、
【シンプルな自社(サービス)告知】+【コンテンツマーケティング】です。
そもそものメッセージは変えずに新たなメッセージはCMSなどで管理されたコンテンツマーケティングに担わせることで軌道修正も容易に、かつそもそもの顧客が離れない設計を目指すことが出来ます。

自信がなければ、まずは上記のパターンでサイトのリニューアルをご検討ください。
plllogo33