2017
02.22
0222

2017年は、コンテンツの見やすさが重要視される。全画面広告もペナルティ対象に


Googleがスマホ対応のサイトを優先的に検索上位にするとの発表をしたことは記憶に新しいですが、今度はコンテンツを隠すポップアップ表示をしているサイトも、検索ランクを下げるとの発表を行いました。

全面インタースティシャル広告はランクダウンの対象に!?
冒頭にある通り、Googleはコンテンツの上に覆い被さって画面全体に表示される広告(全面インタースティシャル広告)を掲載しているページの検索結果を下げる、またそれは2017年の1月10日以降に更新するとGoogleが正式に発表しました。

かねてから、Googleはユーザービリティを最優先して検索アルゴリズムを更新しているため、当然の結果といえるでしょう。ただ、例外として全面を覆わないインタースティシャル広告、法的に記載が必要(年齢制限、コンテンツの閲覧に関する事前警告等)でポップアップさせている場合、ログイン画面として表示させている場合は、対象にはなりません。

今後、ユーザーにとって不利益・不便のあるコンテンツは淘汰される
今回の事例をみても分かる通り、ユーザーが不利益、不快になるコンテンツは、今後行われるアップデートでどんどん淘汰されていくでしょう。

例えば、
・著作権を侵害している画像を使用しているページ
・コピーに近いリライトで形成されているページ
・長いだけでユーザーにとってメリットのないページ

といった、実際は検索上位を狙っただけのコンテンツで、ユーザーにメリットが還元されていないコンテンツがある場合は、ドメインの評価自体も下げかねないので注意が必要です。

よりユーザー目線に立ったコンテンツ作りが必要になる
こういったアップデートが発表されると、多くのメディアで話題となりますが、では実際にどういった対策をとればいいのでしょうか。それは至極簡単で、徹底的なユーザー視点に立つことです。

「ユーザーにとって有益なコンテンツを作る」「ユーザーに誤解を与えないコンテンツにする」「ユーザーを強引に誘導するような仕組みを作らない」など、不健全ではなく、より健全にユーザーへ価値を提供することこそが、Googleからユーザーから評価を落とさずに、メディアを長く続けていく秘訣ではないのでしょうか。
plllogo33