2017
07.06
0706

B2Bにおけるコンテンツマーケティングの課題


コンテンツマーケティングが成熟していると回答した企業はわずか2%

コンテンツマーケティングを続けるうちに、より困難な課題に直面する企業は少なくありません。顧客の成長・習熟に合わせ、そのニーズに応えるよう、企業も対応を迫られるからです。特に、B2B企業におけるコンテンツマーケティングは最も難易度の高い分野の一つに数えられます。複数の顧客層や製品群など、それぞれのセグメントに合わせてコンテンツを提供するため、複雑さが増していきます。TopRank Marketingのアシュレー・ゼックマンは、B2Bコンテンツマーケティング担当者が知るべき手法についてまとめています。
Content Marketing Instituteの調査によると、自社のコンテンツマーケティングが成熟していると回答したB2Bマーケティング担当者は、わずか2%に過ぎなかったとされます。組織をまたいでコンテンツを計画・作成する作業を軽んじてはいけません。異なる事業部門を巻き込んでマーケティング活動を行う場合、事業の責任者が協業するよう体制を整える必要があります。

ゴール、活動内容、優先順位をコンテンツ戦略として文書化しよう

成功を収めようと思えば、どんな分野であれ熱心に取り組まなければなりません。コンテンツマーケティングも同様であり、現在のデジタルマーケティングでは真剣に取り組むべき大きな課題です。事業のリーダーと共にコンテンツの計画・作成作業を行うようにし、着実に成果の改善を図るべきです。
上記の調査によると、38%のB2Bマーケティング担当者しか文書化したコンテンツマーケティングの戦略を準備していません。売り上げを含めて、どのようなゴールを描くのか、これまでどのような活動を行ってきたのか、今年チームが注力する分野は何か、といった内容を計画するようにしましょう。

コンテンツへの投資は顧客への投資と同じ

マーケティングに関する予算のうち、平均して22%程度がコンテンツに費やされていると言われています。また、約38%の企業はコンテンツに費やされた予算を把握していません。コンテンツは他のマーケティング活動と比べて安価に顧客の購買を促進できる可能性を秘めています。コンテンツに投資するのは顧客に投資するのと同様です。また、コンテンツは専門性や信頼性の醸成に役立つため、今後コンテンツマーケティングへの予算を強化する企業は増えていくでしょう。

まとめ

B2Bマーケティング担当者にとってコンテンツマーケティングは大きなチャンスです。戦略の文書化や予算の増額を通し、コンテンツマーケティングの成熟化を図るようにしましょう。
plllogo33
参考資料

New Report: Top Content Marketing Growing Pains for B2B Enterprise Marketers


著者:Takayuki Sato