2016
11.22
1110

Facebook動画でチャンスをつかむ方法


私たちは“ビデオ・ファースト”、つまり、動画が中心となる世界で暮らしています。これは、あらゆるアプリやサービスで動画が頻繁に使われる状況を表現したものです。Facebookでは2015年から2016年の間に動画の視聴が8倍となり、わずか1年で再生数10億回から80億回まで増加しました。Facebook社のクリエイティブ・ショップ地域統括イアン・クロコンビ―によって、この動画中心の時代における広告主と動画作成者の双方にとってのチャンスが解説されました。

同氏はテレビCMとソーシャルメディアにおける動画広告の違いを指摘します。視聴者が動画を見た後にとる行動が異なったり、モバイル動画では視聴者の集中が長く持続しなかったりといった特徴があるため、企業側は消費者へ伝えるメッセージを調整しなければなりません。Facebookでの動画でチャンスをつかむには、いくつかのコツがあるのです。

Facebookは製品や企業を動画の中心に配置し、初めの数秒でメッセージを伝えることを推奨します。集中が長く続かないユーザーでも、動画の内容をすぐに把握できるからです。ユーザーの注意を上手く惹けた動画は、より長い時間視聴されるようになります。

Facebookの調査では80%の動画は音声が無い状態で再生されています。動画を作成する際には、この傾向は無視できません。音声を強制的に使わせようとするのではなく、音声が無くても伝わるような動画制作が望ましいでしょう。字幕や吹き出しも理解を助けます。

重要なメッセージが伝わるよう構成への配慮が必要です。メッセージと関連の薄い内容は削除して、動画広告を短くしましょう。Facebookの画像フォーマットへ収まるようフレーム・サイズを正しく選択するのも忘れてはいけません。

Facebookでは「遊び心」が良い結果に結びつきます。新しいコンテンツを試したり、興味を惹くアイデアを実験したりし続けるべきです。動画の最初に質問を投げかけてユーザーの注意を集めるといったアイデアを試してみると良いでしょう。モバイル中心の動画コンテンツでは新しい手法が必要とされているのです。

参考資料(https://searchenginewatch.com/2016/09/27/how-to-take-advantage-of-facebook-videos-creative-opportunities/)