2014
05.08
pin-770x340

Going Local -地域密着の広告を-


先日、Googleが「Going Local : Advertisers Can Extend Their Relevance with Search」というレポートを発表しましたのでご報告します。
詳細レポートはこちらから

 簡単に要約すると、消費者(ユーザー)の5人に4人が地域に密着した情報を探している。よって、より地域密着型の広告運用を行うことで効果を高める事ができる、ということです。
米国内の調査ですが、おそらく日本でも同じような現象かと思います。

具体的な数値で示すと、スマートフォンを含めると約88%のユーザーが、何かあった時にローカル検索(特定地域に関する情報を検索)を行うという結果が出ています。
PCやタブレット、スマートフォンンなどいろいろなデバイスを使用して、家で、職場で、外出先で、他様々な場所でその地域の必要な情報を取得しているようです。

 これほど多くのユーザーが特定地域を絡めた情報を取得しようと検索しているのであれば、広告運用手法を工夫することで、より効果を発揮できるのではないかと思われます。

 このことは、決して目新しい広告手法では無いのですが、以前から言われていたことを具体的に米国内で調査したら「やっぱり」という結果になった、ということでしょうか。

Googleが推奨しているのは
①地域を絡めた設定を最適化すること。
キャンペーンまたは広告グループごとに地域を絡めた設定を行い、入札価格を調整していますか?

②必要なユーザーに情報を届けること。
電話番号表示オプションや住所表示オプションを使用していますか?

③自分の店舗から近くにいるユーザーに広告を届けること。
自分の店舗所在地からの距離によって入札価格を調整していますか?

 これらの手法は主にBtoCに有効な手法ですが、一度ご自身の広告キャンペーンを見なおしてみてはいかがでしょうか?

cpf