2018
02.14
0214-1

Instagramのショッピング機能で売り上げ10倍を目指す


投稿した画像に商品説明やリンクをタグ付けできるInstagramショッピング

小売業界ではソーシャルメディアを活用して売り上げを向上させる施策に大きな課題を抱えています。視覚的に訴えやすいInstagramは小売りに向いているとの声がある一方で、消費者の財布を開かせ購入に至るには相応の工夫が必要となります。そんな中、SEOのスペシャリストAlex YorkがInstagramで売り上げを劇的に増加させる手法を紹介しています。

新しく導入されたInstagramのショッピング機能を使うと、画像の中に5つの商品を視覚的にタグ付けできます。価格や商品説明、Eコマースサイトへのリンク等が添付できるため、購入を促す役目を果たします。広告には利用できないものの、自社アカウントの投稿でショッピング機能を使いエンゲージメントを高めれば、売り上げ増加に貢献するでしょう。

ユーザーにコメントを返すなど、エンゲージメントを高める工夫が売り上げにつながる

ショッピング機能以外にも売り上げを伸ばす工夫は考えられます。71%のユーザーは好意的なソーシャルメディア体験を得た企業からの商品購入を希望しているという調査結果を考えると、エンゲージメントを高める施策が売り上げへと直結するのです。エンゲージメントとは顧客とのリアルな交流であり、ユーザーが企業を有用な存在だと認識している証しと言えます。ユーザーからコメントがあればすぐに返答したり、フォロワーが反応しやすいよう質問文を掲載したりしてみるとエンゲージメント向上に寄与します。

Instagramの画像をクリックした先でも最高のユーザー体験を提供する

成功率の高いセールスファネルでは、最初から最後まで洗練されたユーザー体験が提供されています。Instagramのショッピング機能では複数の商品から好きな商品を選べるようにし、遷移されたリンク先もInstagramの世界観と合致させるべきです。また、ユーザーから問い合わせがあった際に、すぐに反応するのは必須の要件となっています。そして、Instagramストーリーを使い、様々な商品を紹介するのも有効です。

まとめ

売り上げを10倍伸ばすには、競合他社が誰もやっていないような手法を考案する必要があります。プロの写真家を雇い、極めて高品質な画像を投稿するのも一案でしょう。分析ツールを使って、どの施策がうまくいったかを見極めるのも忘れてはいけません。
insta1.fw_

参考資料
https://sproutsocial.com/insights/instagram-shopping/
著者:Takayuki Sato