2017
12.21
153-2

Instagramはあなたの会社に本当に必要か?Instagramの特性から見る必要性検証


ソーシャルメディアといえば、日本ではFacebook やTwitter 、そしてInstagramです。昨今では、今日のランチ画像をシェアするだけの写真投稿サービスではなくなり、ビジネスに利用する企業が急激に増加しました。

しかし、Facebook と違いInstagram はどんなビジネスにも向いているとはいえません。FacebookやTwitterはその体裁は違えど、文章という情報を届けることが目的であり、ビジネスにおいておの「文章」が該当しないものはないため、ある程度どのようなビジネスにも適用可能です。

Instagramは写真を共有するためのトレンディなソーシャルメディアの一つとして、多くのブランドがソーシャルマーケティング戦略の一部として活用していますが、あくまでコミュニケーションの核は「写真」です。これが適していないと判断した場合、より効果的なソーシャルメディアへの注力をお勧めします。

<Instagram 運用適正チェック>

● ステキな写真を「定期的に」用意できますか?

ステキな写真が「効果的」であれば、どんな写真でもOKです。ただしステキな写真があまり効果がない場合は自己満足になってしまいます。

● 写真投稿に費やすリソースはありますか?他に優先事項はありませんか?

投稿だけでもけっこう大変です。FacebookやTwitterと比べて画像の占めるパフォーマンスが高いので画像加工や映える絵に対する労力は他のSNSの比ではありません。しかも運用は投稿だけではありません。コメントへの対応や炎上ケアなど、運用はやることがずっとついて回ります。

● 会社のターゲットはM1層、F1層ですか?

日本のメディアでインスタが取り上げられた際にどんな人が登場していますか?そう、大学生を中心とする20代、特に女性です。こちらへのアプローチが急務かつ重要であるならば本腰を入れる必要がありますが、サブターゲット以下の場合は、まずはメインターゲットへコストを投下した方がよいでしょう。

いかがでしょうか?上記3点、一つでも該当しない項目があったならば、インスタ進出はまだしなくていいかもしれません。
insta1.fw_