2018
09.03
0902

Instagramを使ったインフルエンサーマーケティングで価格を決めるには


インフルエンサーマーケティングで標準的な価格を決めるのは困難

Instagramにおけるインフルエンサーマーケティングは、2017年の時点で既に10億ドルの市場規模に達し、2019年には、さらに2倍になると予測されています。膨大な予算が費やされ、また、Instagramストーリー等の新機能が次々と生まれる中で、どのくらいの資金を投じればよいか分からなくなる企業も多いでしょう。インフルエンサーマーケティングには、フォロワーあたりの標準価格といったものは存在しないのです。マーケティング専門メディアADWEEKは、その価格に関わる要素について分析しました。

投稿1回、1万フォロワーあたり100ドルで見積もりを始める

Instagramにはメリットとデメリットがあります。まず、Instagramの投稿は視覚的に訴えるためブランドの背景にあるストーリーを伝えるのに適しています。一方で、画像や動画の作成に手間がかかり、投稿したらすぐにフィードから見えなくなってしまうのがデメリットです。これらを考慮した上で、インフルエンサーマーケティングに適切な予算を決定する必要があります。
ADWEEKの調査では投稿1回の予算として、1万フォロワーあたり100ドル程度と見積もっています。加えて、コンテンツの品質、エンゲージメント率、代理店の手数料といった要素が価格に影響します。具体的には、動画では40%上乗せ、スワイプやアンケート機能付きInstagramストーリーでは10%上乗せといった考え方です。

ブランドへの親密さや著作権、独占契約といった付加条項が価格に影響する

ブランドへの親密さはインフルエンサーマーケティングにとって重要です。依頼する企業とインフルエンサーの嗜好やビジョンが合致していなければ、価格が高くなるか、そもそも依頼を受けてくれなくなります。
インフルエンサーが作成した投稿を再利用できる場合、使用料として料金が2~4倍になる場合があります。また、競合企業とは契約しないという独占的な条件をインフルエンサーに求める際は、1~2週間の契約でも、価格が上昇します。

まとめ

インフルエンサーマーケティングの価格設定に厳密なルールはありませんが、上記の要因を考慮した上で、戦略的に価格を決めることができます。Instagramは継続的に新しい機能を加えていくので、それらが価格設定に影響を与える可能性は大いに残されています。
insta1.fw_
参考資料

How to Determine Instagram Pricing for Influencer Marketing


著者:Takayuki Sato