2018
04.05
0405

Instagramアナリティクスで顧客の行動を分析する


Instagramマーケティングには効果測定とデータに基づいた最適化が必要

Instagramはビジネス拡大に効果的なツールになり得ます。正しく活用すれば、顧客からの認知を高め、関係構築を助けるチャネルとなるからです。さらに、優れた管理者は効果測定を怠りません。Instagramの分析ツールや、アクセス解析ツールへの精通が求められています。ソーシャルメディア戦略に詳しいLesha Liuが、Instagramにおける顧客行動分析について解説しました。

Instagramマーケティングの第一歩は、自社アカウントの状態を知ることから始まります。自社の投稿はどのようにフォロワーから受け取られているか、満足できるだけのエンゲージメント率を達成しているか、Instagramストーリーや投稿に対してコメントやメッセージが届いているか、を確認します。目標に届いていなければ、何らかの対策が必要だと言えます。

Instagram向けのランディングページを作成し、コンバージョンを目指す

Instagramのコンテンツでは量より質が重要です。フォロワーが爆発的に増えるよりも、自社がターゲットとする層から確実にいいね!やコメントが得られるよう目指します。Instagramのアカウントをビジネスプロフィールへと変更すると、各種分析ツールが使えるので、フォロワーに対する理解が深められます。

Instagramのトラフィックをより詳細に知るアイデアとして、自社チャネルとの統合が考えられます。特別なランディングページを作成し、Instagramからのリンク先は必ずそのページへと設定します。そこでは、Eメール登録フォームを用意したり、商品ページを掲載したりして、Instagramユーザーに行ってほしい行動を促すのです。フォロワーの行動を知り、売り上げへとつなげられるのがメリットとなります。

トラフィックの質と量を計測するInstagramアナリティクス

Instagramアナリティクスを利用すると、トラフィックの量と質が計測できます。少なくとも月次で成果を確認し、コンバージョン率を計算するのが推奨されます。フォロワーの数、エンゲージメントの量、ターゲット層とフォロワーの合致といった洞察を得て、修正が必要な部分の最適化を進めます。Instagramユーザーから売り上げが得られれば、セールスチャネルとしての機能が検証できたことになります。

まとめ

Instagramはお手軽なツールに見えますが、ビジネスに使う上では、そこまで単純なものではありません。しかし、その効果を計測し、マーケティング手法を検証できれば、ほとんど努力を費やさずにビジネスを拡大できるプラットフォームにもなり得ます。継続的にフィードバックを得て、Instagramマーケティングの最適化を進めるようにしましょう。
insta1.fw_
参考資料
https://www.entrepreneur.com/article/309345
著者:Takayuki Sato