2014
10.08
sewide

SEOの効果を狙ったコンテンツ作成方法


WEBマーケティングにおいて、まず最初に意識するのがSEO(=検索エンジン対策)という方も多いのではないでしょうか。

現在のWEBマーケティングには、ソーシャルメディアマーケティングやキュレーションメディア、まとめサイトなど様々なメディアで顧客と接点を持つことが可能になっているものの、やはり自社サイト(オウンドメディア)への流入量を考えると、GoogleやYahooなどの検索エンジンへの対応は必須と言えます。

Googleのパンダアップデートにより、コンテンツマーケティングの重要性が高まり一層強化する必要がでてきています。そこで今回は、検索エンジン対策を考慮したコンテンツの作成ポイントをお伝えします。

一言で言うと「最類出キーワード」をどのように盛り込むか、そのキーワードの価値はどこにあるのか?ということです。
検索エンジン対策の基本は、検索エンジンロボットが解析できるテキスト=キーワードの量とその関係値を正しく効果的に用いることにあります。

その中でも自社サイトにとって重要なキーワードをサイト内で露出させていくためには、文章の中で効果的に出現させていかなければならないと同時に、ユーザにとって読みやすい文章である必要があります。

そして、最類出キーワードとして設定するキーワードには、検索回数がある程度多く、自社サイトで求める成果に対して効果の高いキーワードを選ぶことが大切です。自社サイトへ顧客を呼び込むために出現率の高いキーワードをよく吟味したうえで設定することで、そのキーワードが含まれているコンテンツ自体の価値を高めてくれることでしょう。

このように最類出キーワードを意識したコンテンツを多く作成して、見込み客に検索されるコンテンツを生み出すことは、コンテンツマーケティングの成否を決める重要な要素となりますので、意識してみてはいかがでしょうか。

seo